News
のぶしなのこと

2017.11.21

活動報告

鎌倉出張@スピンオフ〜その①〜

先日、のぶしなweek@かまくら長谷BASEが無事に終わり、その様子を報告しました。が、そこには数々のハプニングや、鎌倉散策の話が沢山あり、スピンオフとしてここにご紹介しようと思い立ち、書き綴っています。

〜長野生まれのロコボーイ誕生編〜

長野県民は海に憧れを抱く。そんな噂が飛び交うオフィスエム内。「そんなことないっすよ〜」と場を濁す私……そう、私も海に憧れを抱く長野県民の一人だ。
(めっちゃ憧れてる。海に。だってサーフィンとかカッコイイし、海とかめっちゃキラキラしとるし。)
そして、まさかの鎌倉出張が決まり、内心ウキウキ。一週間で、鎌倉へ日帰り2回、間を開けた泊まりが2回のかなり強行スケジュールだったが、海と砂浜と湘南が私を突き動かした。

海がキラキラして迎えてくれた鎌倉初日。もうこちらもキラキラが止まらない。ロマンティックも止まらない。いっそこのまま海に入ってしまおうかとも思ったのだが、海辺近くの歩道にいたブルドックがこちらを凝視しており、「やめとけ」というお告げかと思ったのでとどまることができた。
鎌倉長谷BASEでは、地元で何十年も波乗り(あえて、サーフィンとは言わない)をされてる素敵なおじ様に出会えたり、歴史を感じる街並みやお寺、江ノ電も満喫できた。

帰り際、「これで僕も湘南ボーイになれました」と言ったところ、「それ、めっちゃダサいし、地元でそんなことを言う人はいないよ〜。」と。えっっっっっ。確かに、石原裕次郎さんの頃に生まれたような言葉である「湘南ボーイ」。言わんのか。だから、あえて自ら命名した。そう「ロコボーイ」と。まあ、ハワイとか関係ないんだけど。しかしここにはれて、「長野生まれのロコボーイ」が誕生したのである。