News
のぶしなのこと

2019.2.21

活動報告

2月16日・17日。ビストロのぶしなを開催致しました〜!!!

この日は、食堂かたつむりでまさかの催し。

それは、フランス料理のコースを提供しよう!というもの。
確かに、食堂かたつむりは元々は南仏の納屋を模して施工された。けれど、料理の提供となるとどうなんだい!っていう疑問はわくのだが、そこはカンパニー。そんなもの関係ない。

我らがシェフは、大友秀俊さん!
オフィスエムから本も出している、フランス料理人・写真家・ライターという3足のワラジを履く最強の助っ人だ。
そして、フランス料理と言えばワイン!ということで、信更町でワイナリーをやっている田中啓さんにもソムリエとして登場してもらいました〜♪

そんな豪華なスタッフの方を交えて迎えた当日。

なんと両日ともに満席っ!
食堂かたつむりでしか味わえないフランス料理を堪能していただき、そしてありがたいことに、大好評の感想もいただくことができました。

サービスもままならない素人同然の接客だったのですが、かしこまる感じではなく、和気藹々とした食事の風景は、信級らしさの提供にもなったのではなかと思わせてもらえたひとときでした。

〜本日のmenu〜

お通し:鹿のラビオリ

前菜:帆立タルタルの樹氷仕立て

魚:信州サーモンの野沢菜漬け風味

肉:鹿のワイン煮

デザート:りんごのキャラメリゼ

Photo by HIDETOSHI OHTOMO

本当にこの片田舎で、ビストロ形式ではありますが、フランス料理のコースを提供でき、好評もいただけたことに自分たちも驚いているし、感謝の気持ちで一杯でした。

大友シェフも楽しかったと言ってくださり、沢山の方の協力のおかげで、とにかく大成功だったビストロのぶしな。

これを機に、季節ごとに旬の食材を使ったビストロをまた開催したいと思いますので、
ご来店をお待ちしております♪