のぶしなカンパニー

About

のぶしなカンパニーについて
About NOBUSHINA COMPANY

ふるさと信級から希望のバトンを。

私たちは農協前の元精米所の小屋を借りて「のぶしなカンパニー」の拠点とすることにしました。
修繕してきれいにして、毎日明かりを灯します。
村に暮らす人はもちろん、村を訪れる人、
大人からこどもまで、誰もが寄り合える〝場〟をつくります。
語り合い、楽しみ、そして共鳴していく。
そんな陽のあたる公園のような場所が「のぶしなカンパニー」です。
四季折々の村の行事に参加して、地元の方との交流を深め、
のぶしなで採れた特産品の品々を詰め込んだ「のぶしなギフト」を販売したり、
「のぶしな通信」を発行したり、
地元で採れる「おごっそう」が気軽に食べられる食堂も。
それぞれができることを持ち寄り、「のぶしな」をまるごと発信していきたい。
限界集落なんかじゃなく、限界を突破した未来集落をめざし、
小さくても、誰もが輝ける多様性に満ちた場所にしたい。
そして、次の時代を担っていく人に明るい希望のバトンを渡したい。
私たちは、そんな風に考えています。

アクセス
Access

「のぶしな」ってどうやって行くの?

信級は長野市信州新町支所から13kmほど。信州新町から国道19号線を南へ7kmほど進み、川口の交差点を右折し県道393号を進む。不動温泉さぎり荘を過ぎて最初の角(信級5kmの標識あり)を右折し、5kmほど道なりに進むと到着!

交通機関が行き届いていない信級です。それでも訪れてみたい方は自力、もしくは私たちにご連絡ください。

乗組員
Staff

ボス:寺島 純子
(てらしま・じゅんこ)

長野県上山田町(現千曲市)出身。O型。57歳。
現在長野市で「のぶしなカンパニー」の母体となる出版社オフィスエムで20年以上代表を務める。信級の林地区で生まれて3歳まで在住した経緯から、幼少期を知る地元村民からの信頼も厚い。2000年に「写真集のぶしな」の制作を担当。猪突猛進、直球ど真ん中体質で、ただ今ふるさと信級にエネルギーを絶賛投入中!

発信部:鴨林 克彦
(かもばやし・かつひこ)

宮崎県延岡市出身。O型。43歳。
長野市で妻、娘、息子とともに暮らす。海沿いの温暖な土地で育ったせいか、冬になると遠い目になることもしばしば。音楽好きで趣味が高じた打楽器の演奏を得意とする。芋焼酎があれば、おおよそゴキゲンな九州(中年)男児。カンパニーでは主に「のぶしな通信」の制作など、発信活動を担当。

営業部:牧 周平
(まき・しゅうへい)

長野県須坂市出身。O型。29歳。
カンパニーではギフトの商品販売・開発担当で日々奮闘中。いちどやると決めたらやりきる男。気も細やかで心優しい性格だが、カワイイもの、こと、ひとに目がない。日本の伝統芸能に詳しく、ノッテくると謡いを披露するファンキー男子。のぶしなでの謡い普及を密かに目論んでいる。

スーパーバイザー:村石 保
(むらいし・たもつ)

長野県須坂市出身。AB型。66歳。
オフィスエム編集長。カンパニー実行部隊(寺島・鴨林・牧)の相談役として、いつも全体を俯瞰、把握しながら的確なアドバイスを提示、叱咤激励してくれるご意見番的存在。文学・映画・芝居など芸術全般に対して造詣が深く、店主を務めるBooks Caféまいまい堂には、年齢を問わず、老若男女が集う。

サポーターズクラブ入会のご案内
Supporters club

のぶしなカンパニーでは、一人ひとりが、ぞれぞれにできることを持ち寄ってカンパニーの仲間として活動にも関わっていただけるような、サポーターズクラブ(=応援団)を立ち上げることにしました。

正会員( 見守り応援サポーター) 賛助会員
年会費 5,000円 一口20,000円
特典 年 4 回の「のぶしな通信」の送付
イベントやシーズンギフトなどの情報を告知
カンパニー主催行事の参加費割引
会員名簿の配布
発行物の割引販売 など

※寄付金は随時募集しておりますので、お問い合わせ下さい。
※入会時に一括納入とし、途中退会時の返金はいたしませんので、ご了承下さい

ご入会方法

WEBからのご入会

WEB上から簡単にご入会出来るようになりました!
右記の決済ページをご利用ください。

郵送またはFAXでのご入会

右記の入会申込書(PDF)をダウンロードし、ご記入の上、郵送または FAXでお送り下さい。

入会申込書の送付先

のぶしなカンパニー(オフィスエム内)
〒 380ー0821 長野市上千歳町1137 ー 2 アイビーハウス 2 階
電話 026-219-2470 ファックス 026-219-2472 メール info@o-emu.net

会費振込先 (郵便局のみ)

口座名義 有限会社オフィスエム
口座番号 00520-6-5259

郵便局の窓口に備付の払込取扱票(青色)に以上の項目を記入し、ATM または窓口からお振り込みください。
(振込手数料ははお客様のご負担になります。ご了承下さい)